アルバイト詐欺

『高額な報酬のアルバイトって平気なの?』

『アルバイト詐欺って何!?』

この記事はそんな方に向けて書いています。

 

 

キャッシングをしようとしたのに、気付いたらお金を騙し取られていた!?

 

 

 

『金融詐欺』の手口は巧妙化していますので、

年齢や性別に関わらず被害にあってしまう人が後をたちません。

 

 

 

キャッシング会社では昔からよくある、アルバイト詐欺について解説したいと思います。

【アルバイト詐欺】って何!?

キャッシング会社の調査のためのアルバイトと言う名目で、キャッシング会社に申込をしてカード作成すればアルバイト料がもらえるというものです。

 

 

 

キャッシング会社で契約をした後に、カードや申込書類一式を詐欺師に渡してしまうので、

勝手に引き出しをされて返済を自分でしないといけないようになります。

 

 

 

アルバイト料が3万円で、キャッシング会社への返済が30万円なら、

差引27万騙し取られた事になってしまいます。

【アルバイト詐欺】の具体的な手口はどうなの!?

つい最近、実際にあった話です。

(登場するのは全員架空の人物です)

 

 

【アルバイト詐欺】で騙されているとは知らずに申込に来た、田間去照男(だまされ・てるお)くん、21歳がいました。

 

 

 

田間去くんは都内の私立大学に通う3年生です。

 

先日、中学校の時のそれほど仲良くはなかった羽振良毛(はぶり・よさげ)先輩、23歳に地元でばったり出会ってしまいました。

 

少し話をしていると、羽振先輩のさらに先輩で、ものすごいお金持ちで景気のいい人がいると教えられました。

 

その人が、割のいいアルバイトを紹介してくれると、田間去くんは羽振先輩から教えてもらいました。

 

割のいいアルバイトに惹かれた田間去くんは、羽振先輩からの紹介でその人に会ってみることにしました。

 

後日、近くのターミナル駅のファミレスで、田間去くんは羽振先輩から騙思手也留男(だまして・やるお)、28歳を紹介されました。

 

騙思手は、アウトローな見た目でお金を持っている雰囲気がプンプンするような感じでした。

 

 

 

『俺の言うとおりにすれば、人生の成功は間違いないよ~』、

と言った眉唾な話を騙思手にされた田間去くんはすっかり信用してしまったのです。

 

高額のアルバイトの勧誘をされる

その後、消費者金融会社からの依頼で、実際の審査の内容の確認をするアルバイトがあると持ち掛けられます。

 

1社契約してくるだけで3万円、3社なら9万円と言われた田間去くんは一瞬で騙されてしまいした。

 

キャッシング会社に申込に行く前に、騙思手から申込内容のレクチャーをされます。

 

田間去くんは、大学近くのファーストフード店でアルバイトをしています。

 

勤務先の登録はそのファーストフード店で申込をするように言われました。

 

他にも申込内容について、細かに指示されます。

 

 

・勤務形態:アルバイト→社員

・年収:60万→300万

・保険証:親の扶養の社保→勤務先から発行の本人社保

・勤務年数:3か月→高校卒業後に入社

・カードの暗証番号は『〇✖〇✖』を使う事

 

等々。

カード会社へ申込に

その後、田間去くんは、ターミナル駅近くにある自動契約機に申込行きます。

 

言われたままに、申込の手続きをしたら、わずか1時間足らずで限度額50万円のカードが契約出来ました。

 

あっけないほど簡単にカードの契約って出来るんだなと、駄間去くんは感心してしまった程です。

 

さらに、続けて同じビルにある別のカード会社の自動契約機に申込に行きます。

 

同じように、1時間弱で今度は限度額30万円のカードが契約出来ました。

 

さらに、同じビルにある別のカード会社に申込に行き、限度額20万円のカードの契約が出来ました。

 

わずか3時間弱で、3枚の合計限度額100万円のカードが作れた事になります。

 

 

 

同じ申込内容なのに、カード会社によって限度額が違うのは何でだろう!?なんて思いながら、

騙思手と羽振先輩が待つファミレスに戻りました。

 

 

 

田間去くんはファミレスでカード3枚契約が出来たことを報告すると、

カードと契約書類一式を差し出しました。

 

3時間で9万円!?

騙思手はカードと書類一式を受け取ると、『契約会社の偉い人に確認してくる』、と言い残し席を立ちました。

 

 

10分ほどで戻ってくると、ちゃんと契約出来ていたのが確認出来たからと、

当初の約束通りアルバイト代9万円をその場で駄間去くんに渡しました。

 

 

『カードと契約書類一式はこっちで処理するからね』、と騙思手に言われた田間去くんは、

何も疑うこともなく3時間ほどで9万円ももらえた事に大喜びでした。

 

 

騙思手と羽振り先輩に、ありがとうございましたと何度もお礼を言ってファミレスを後にしました。

大学の同級生も【アルバイト詐欺】に勧誘!?

その翌日に田間去くんに羽振先輩から連絡があり、誰か友達で同じようなアルバイトをする人がいないかを聞かれました。

 

田間去くんは、3時間で9万円ならまた自分がやります!!っと言いましたが、

 

一度やった人はダメと言われてしまい、仕方ないので大学の同級生を何人か羽振先輩に紹介しました。

 

大学の同級生達もみんな、カードの契約をすることで高額のアルバイト代がもらえたみたいです。

カード会社から連絡が・・・

そして、2か月がたち、そんなアルバイトの事などすっかり忘れてい田間去くんにカード会社から連絡がきました。

 

カードの支払が遅れていると言われたのです。

 

 

最初は何の事か全く分からなかった田間去くんでしたが、

よくよく話を聞いてみると2か月前にアルバイトで申込をしたカードが全額利用されているとの事でした。

 

 

何かの間違いだと思い、羽振先輩に連絡をすると騙思手に連絡を取ってみると言われました。

 

 

連絡を取ってもらえれば大丈夫と思い、安心した田間去くんでしたが、

その後もカード会社から支払が遅れているという連絡が立て続けにきました。

 

 

さすがの田間去くんも、何かおかしいなと思うようになります。

 

羽振先輩に再度連絡を取るも、駄思手と連絡が取れなくなったと言われてしまいます。

 

羽振先輩に紹介した大学の同級生達もみんなカード会社から、支払いが遅れている旨の連絡が来ていました。

騙されたことに気付く!!

ここに至ってようやく、田間去くんは騙されたことに気付いたのです。

 

契約したカードは3枚とも全額利用されていて、合計額は100万円です。

 

アルバイト代として9万円もらっていますが、差引91万円のマイナスです。

 

大学生のアルバイトでは支払が困難なので、結局親に相談し全額払ってもらう事になりました。

 

両親から大目玉をくらい、カード会社に貸付停止の申入をされて、今後カードの作成は出来なくなってしまいました。

 

 

さらに、羽振先輩に紹介した大学の同級生達からの信頼も失ってしまい、

楽しかった大学生活も窮屈になり、大学へ足が遠のいている今日この頃です。

楽して儲かるような美味しい話はありません!!

このようなカード会社の審査の調査をするために、実際に申込に行って契約するようなアルバイトはありません。

 

カードの契約は契約者本人に支払義務が生じます。

 

どのカード会社でも、規約で第3者へのカードの貸与を禁じています。

 

カードの暗証番号を指定され、契約後にカードと契約書類一式を渡してしまうなんてあり得ないことです。

 

田間去くんは架空の人物ですが、皆さんは田間去くんのように騙されないように気を付けて下さい。

 

 

騙思手のような人間はどこにいるか分分かりません。

 

常にネギをしょった鴨を探して、網を広げています。

 

お金だけでなく、自身の信頼も失うことになってしまいますので、儲け話には十分に注意して下さい。

 

 

 

 

管理人タナカ管理人タナカ

今回は【アルバイト詐欺】について解説しました。

最後までお読みいただきありがとうございました