契約は誰でも可能?

最近のいちばんの悩みはヒゲが濃いことです。

・・・どうも、タナカです。

※タナカの詳しい自己紹介はこちらをご覧ください。

著者紹介

 

そもそも、キャッシングの契約というのは誰でも出来るのでしょうか?

キャッシング会社によって審査の基準はぞれぞれです。

審査内容はキャッシング会社にとって企業ヒミツといってもよい大切なものです。

ですので、細かい審査基準は公開されていませんが、だいたいの条件はあります。

 

・20歳以上69歳以下の人

・安定した収入のある人

・返済能力に問題がない人

・日本国籍を有する人(一部例外有)

 

タナカが知る限り、上記の4つはどのキャッシング会社でも共通した条件になっています。

 

20歳以上69歳以下の人

20歳未満の人は未成年となりますので、民法の規定により契約行為が認められていません。

未成年者は法定代理人(両親等)の同意なしに、金銭の借入などの契約行為は出来ません。

もし、未成年の人が契約した場合、後で契約自体を取り消すことが出来ます。

借りたお金を使ってしまったあとに、契約の取消しを行った場合、借りたお金を返還する必要がありません。

キャッシング会社としては、貸倒となってしまうので、20歳未満の未成年に融資は出来ないとなります。

 

一方で、借りられる年齢の上限はほとんどのキャッシング会社で69歳以下です。

(一部例外もあります)

これは、借入後の返済期間を考慮して、69歳以下としています。

仕事をしていられる年齢を考えても妥当なのかなと思われます。

 

ただ、将来的には、平均寿命が延びていたり、働き方改革などで労働年齢が引き上げられる可能性もあり、

借入可能な年齢の上限が上がる可能性があるかもしれません。

安定した収入のある人

現在、仕事をしている人の事を指しています。

これはどこのキャッシング会社も共通で無職の人にはお金を貸してはくれません。

※主婦の人でも契約可能なカード会社は一部にあります。

収入のない人にお金を貸しても、返済されない可能性が高いからです。

会社を退職する前に、カードを作成しておいて、いざという時のために備えておくのが賢い方法です。

 

現在無職の人であれば、派遣会社でもアルバイトでも構わないので、仕事を始めてから申込をする必要があります。

安定した収入って、具体的には!?

大事なのは『安定した収入』なので、

・競馬で生活しています

・パチンコで生活してます

といった収入だと『安定した収入』とはいえないため契約が出来ない可能性が高いです。

※通常は無職の人と思われてしまいますよね。

 

『仕事は自営業で、私物をヤフーオークションで売っています』

なんて人がたまに申込に来ますが・・・。

タナカは無職判断でお断りしています。

 

『派遣会社に登録だけして、実際にはまだ働いていません』

なんて人も無職判断でお断りしています。

返済能力に問題がない人

融資したお金がしっかり返済されるのかどうかを、キャッシング会社は慎重に審査しています。

毎月の収入から、支出を差し引いて、残るお金がなかったら、返済金額を捻出出来ません。

それでは、遅かれ早かれ、返済に行き詰るのは目に見えています。

カード会社への返済金額だけで、毎月の収入を上回る支出となっている場合などは、

返済能力に問題があると見なされて契約が出来なくなります。

 

消費者金融会社では過去の歴史より、過剰融資に非常に敏感になっています。

常識を超えた高い金利で、返済能力を超えた貸付を大量に行い、返済が出来なくなると借り手側の事情を無視して返済を迫りました。

高金利、過剰融資、過酷な取立、がサラ金3悪として、社会から強烈なバッシングを浴びたのです。

 

その反省にたった上で、返済能力の確認は、どのキャッシング会社でも慎重に行っています。

安定した収入があったとしても、収入以上の支出がある場合は、契約が難しくなってしまいます。

日本国籍を有する人

外国籍の人の場合は基本的には、キャッシング会社で契約は出来ません。

契約して融資した後に、母国に帰国してしまったら、返済されない可能性が高いので融資していません。

 

例外としては、日本への永住権を取得している場合です。

日本の場合は永住権の資格要件が中々厳しいので、外国籍の人の契約自体はそれほど多くはありません。

 

永住権を持っている人であれば、契約の審査はうけられますが、

日本語での会話、日本語の読み書きが出来ないと、基本的に契約はしていません。

会話は問題なくても、読み書きが難しくて、契約をお断りするケースはよくあります。

 

余談になりますがタナカの経験から言いますと、外国籍の人は自分の都合が悪くなると、いきなり日本語が話せなくなります。

契約したときは、流暢な日本語を話していたのに、返済が遅れてしまい入金が難しい場合などに、

いきなり日本が通じなくなる事はよくありました。

 

外国籍の人の場合は、永住権がある人であれば、契約可能ですが、日本国籍を有する人と比べると慎重に審査をしています。

まとめ

例外もありますが、キャッシング会社で契約可能な人は上記のないようです。

 

・20歳以上69歳以下のひと

・安定した収入のあるひと

・返済能力に問題がないひと

・日本国籍を有するひと(一部例外有)

 

以上の4点を満たしてることが、審査をするにあたっての最低条件になります。

上記をみたしていないと、審査なしで契約をお断りされてしまいますので気を付けましょう。

逆に上記をみたしていれば、審査に落ちる可能性は低いといえます。

 

カードローンの申込を考えているひとは、自信をもって申込をしてみてください。

 

※即日融資可能なカードローンについては下記の記事をご参照ください。

即日融資可能なカードローン!

 

今回は、契約は誰でも出来るの!?について解説しました。

最後までお読みいただきありがとうございました。