お金を借りる

すごい久しぶりに会った知人から『ハゲたねぇ~』と第一声に言われました。

・・・どうも、タナカです。

※タナカの自己紹介はこちらをご覧ください。

著者紹介

 

 

『お金を借りるにはどんな方法があるのか知りたい』

『誰にも内緒で、今日お金を借りる方法を探している』

この記事はそんな方へ向けて書いています。

 

『お金を借りる』と一口で言っても様々な方法があります。

 

この記事では、『お金を借りる』方法の中から、いくつかの方法を目的別にご紹介します。

 

普段からお金を貸す仕事をしているプロならではの視点で、通り一遍ではないような事もお話しようと思います。

 

あなたのマネーライフの一助となれば幸いです。

 

それではまいります。

今日中にお金を借りる方法

先ほど、『お金を借りる』方法は様々な方法があるとお話ししました。

 

どの方法もそれぞれの特徴があるため、あなたにあった方法がきっと見つかると思います。

 

ただ、『数が多すぎて、どの方法がいいか選びきれない』という方のために、まずは小口の金額を、今日中に借りる方法を紹介します。

消費者金融会社のプロミスでお金を借りる

プロミス借入条件

 

最初にご紹介したいのは消費者金融会社の【プロミス】が展開するフリーキャッシングです。

 

【プロミス】のフリーキャッシングの特徴は3つです。

・ご利用限度額の範囲内なら出し入れ自由のリボルビングシステムで、必要に応じたご利用が可能

 

・お利息は無駄のない日数計算なので、お給料日前などの数日間のご利用なら断然お得

 

・パソコン、携帯、スマートフォンなら、24時間いつでもお申込みOK

 

小口の金額を今日中に借りたい場合は、まさにピッタリの方法になります。

【プロミス】のフリーキャッシングは次のような人にオススメです

・はじめて【プロミス】を利用するひと

プロミスをはじめて利用するひとは30日間無利息サービスがプレゼントされます。

30日間なら再度の利用でも、なんど利用しても、無利息です。

短期間で返済予定の人にはかなりオススメです!!

※メールアドレスの登録と、WEB明細を利用する必要があります

 

・今日中にお金を借りたいひと

ネットでホームページから申込みをすれば、来店なしで借入ができます。

平日の14時までに契約し、14時50分までに振込キャッシングの申込を済ませれば、

来店なしで当日中に借入が可能です。

申込はネットから24時間365日可能です。

 

・土日にお金を借りたいひと

【プロミス】の自動契約機は土日祝日も夜22時まで営業しています。

※一部店舗は22時まで営業していない場所もあります

ネットで申込みをしたあとに、自動契約機に来店し契約、ATMですぐに借入が可能できます。

【プロミス】のフリーキャッシングに関する情報

プロミスお金を借りる

【プロミス】はメガバンクの一つであるSMBCグループです。

 

正式な会社名は『SMBCコンシューマーファイナンス(株)』といいます。

 

SMBCグループの一員となったことで、信頼性がさらに高まり、安心して利用できるようになりました。

 

三井住友銀行のローン契約機も使えるようになりましたので、利便性もますます良くなっています。

 

【プロミス】は申込した当日に融資が可能で、融資最短スピードは1時間です。

プロミスの申し込みはこちらから進めます。

口座開設はこちら

 

大手の消費者金融会社で借りるのがおすすめの理由

プロミスとアコムとアイフルは消費者金融業界では圧倒的な知名度と人気を誇っています。

 

性別、年齢の区別なく、あらゆる方々に利用されています。

 

家族や友人などにお金を借りるのは、人間関係にヒビが入る可能性があるので避けたいですよね。

 

そもそも、お金がないことを知人に知られたくない人も多いはずです。

 

銀行系のカードローンは即日融資が難しく、急な出費に対応ができていません。

 

なにより、大手の消費者金融会社はお客様に対する姿勢がすばらしいです。

 

過去に社会から袋叩きにあった反省もあり、現在の営業体制はお客様ひとりひとりに真摯に向き合っています。

 

コールセンターへの覆面調査(ミステリーコール)では、大手の消費者金融会社のコールセンターは上位入賞の常連です。

 

普段からお客様のために何ができるのかを常に考え続けた結果といえます。

 

無計画に多くの金額を借りるのは問題があります。

 

返済計画をしっかり立てたうえで、最低限のお金を借りる事を必要以上に怖がることはありません。

 

今日中にお金を借りたいのなら、大手の消費者金融会社で借りるのがいちばんの方法です。

お金を借りる20の方法

つづいて、目的別のお金を借りる方法を紹介していきます。

 

お金の借り方を間違ってしまうと、一生後悔することになってしまう可能性もありますので注意してください。

 

下記の方法の中から、自分にいちばんあった方法をぜひ見つけてください。

消費者金融会社で借りる

1万円~50万円くらいまでの小口資金を即日借りたいのであれば、消費者金融会社で借りるのがいちばんです。

 

特筆すべきは、審査スピードの速さです。

 

お金を借りる方法は多々ありますが、融資スピードで右にでる方法はありません。

 

借入のしやすさ、使い勝手の良さ、など総合的な判断でもすぐれた方法といえます。

 

※即日融資可能な方法については下記記事をご参照ください。

即日融資可能なおすすめカードローン!

銀行で借りる

カードローンであれば個人でも銀行から借入ができます。

 

銀行なので信頼度が高く、使途自由なカードローンとして利用ができます。

 

銀行カードローンのメリットは消費者金融会社よりも低い金利で、大きな金額を借りることができることです。

 

銀行カードローンは総量規制の対象外として、年収の1/3の規制から外れてお金を借りることができました。

 

ところが、2017年3月に全国銀行協会から『銀行による消費者向け貸付けに係る申し合わせ』がだされます。

 

この『申し合わせ』によって銀行カードローンでは、年収の1/3以上のお金を借りることはほぼできなくなったと言われていました。

 

銀行カードローンのいちばんのメリットがなくなってしまった形です。

 

 

しかし2019年、現在の銀行カードローンは年収の1/2までの貸出としている銀行がほとんどです。

(一部のマジメな銀行は年収の1/3までの貸出としています)

 

 

総量規制で消費者金融会社で借入ができないときは、銀行のカードローンに申込をしてみるといいかもしれません。

 

デメリットとしては、審査スピードが遅いことです。

 

これは申込したひとが反社会的勢力ではないのかを、警視庁のデータベースに照会して確認しているため時間がかかってしまうのです。

 

消費者金融会社ではこうしたことは行っていないので、銀行カードローンよりも審査スピードが早いです。

 

お金を借りるまでに時間的な余裕があり、消費者金融会社より大きな金額を借りたい場合は、銀行カードローンがオススメです。

 

※銀行カードローンの詳細については下記記事をご参照ください。

銀行カードローンの今と昔を語りつくします!!

クレジットカードのキャッシング枠で借りる

キャッシング枠が付帯したクレジットカードであれば、クレジットカードを使ってお金を借りることができます。

 

もし、クレジットカードを持っているなら、カード会社にキャッシング枠がついているか問い合わせをしてみましょう。

 

キャッシング枠があれば、当日中に銀行口座に振込してもらえます。

 

クレジットカードを持っていない場合はクレジットカード会社に申込をする必要があります。

 

金利は平均で18%前後で、カードの発行までに通常1週間前後かかりますが、クレジットカード1枚でショッピングもキャッシングも両方できるのが大きなメリットです。

郵便局で借りる

郵便局で定額貯金、財産形成貯金、をしている人は貯金を担保にお金を借りることができます。

 

借入可能額は預入金額に利子をくわえた金額の90%相当額(ひとつの契約につき300万円まで)です。

 

もともとは自分の貯金になるので、それを担保にお金を借りることに抵抗がなければ良いかと思います。

 

郵便局にも『したく』というカードローンがあったのですが、提携先のスルガ銀行が問題をおこして金融監督庁から行政処分が下されました。

 

その影響で、2018年10月31日を最後に申込受付を終了しています。

 

今後、再開される可能性もあると思いますが、現状は積極的な営業はしていないようです。

※【2019年1月7日にスルガ銀行との提携中止を検討との一部報道がありました】

質屋で借りる

品物を預けて、代わりにお金を借りるシステムです。

 

期限までに元金と利息を返済すれば、預けた品物は返却されます。

 

もし、返済できなかったときは、預けた品物は戻ってきません。

 

『質流れ』といって、質屋で販売されてしまうことになります。

 

返済ができなくなっても、品物を失うだけですむというのが最大のメリットになります。

 

 

質入れできる品物としては、

・腕時計や宝石などの貴金属

・ブランド物のバッグや財布

・カメラやパソコンなどの電化製品

などが可能で、ロレックスやヴィトン、シャネルなどは融資金額が高めになるようです。

 

 

来店からお金を受け取るまでの時間は10分~15分ですので審査スピードはダントツに早いです。

 

デメリットは利息が高いことです。

 

質屋での上限金利は月利9%です。

 

年率換算だと100%超になりますので、カードローンとくらべると非常に高く感じますね。

 

質入れできる品物がないとお金を借りられないのもデメリットです。

生命保険契約者貸付制度で借りる

積立型の生命保険に加入している人なら、積立金の一部を貸し付けてもらうことができます。

 

メリットは金利が低いことです。

 

生命保険会社により異なりますが、2%~8%程度のようです。

 

カードローンと比べるとはるかに低い金利でお金を借りることができます。

 

もともと自分で積み立てているお金なので審査はなく、審査に落ちることはありません。

 

 

デメリットもあります。

・利息が複利で計算される

・積立型の生命保険に加入していないとダメ

・借入額と利息の合計が解約返戻金を超えたら保険契約が失効

などがあります。

 

 

自分が積み立てているお金を利息を払って借りることに抵抗がなければオススメです。

信用保証協会で借りる

信用保証協会を通じた融資は、中小企業、小規模事業者の多くのひとが利用している便利な制度です。

 

通常の銀行融資よりも『審査が通りやすい』のが最大のメリットです。

 

返済ができなくなった場合でも、信用保証協会が返済を肩代わりしてくれますので、金融機関は積極的に融資してくれます。

 

 

デメリットは2つです。

・審査に通常1か月前後かかる

・一定の保証料を払う必要がある

 

 

個人向けの融資ではないので会社員は無理ですが、個人事業主なら可能です。

 

今すぐつなぎ融資が必要、というひとでなければオススメです。

生活福祉資金貸付制度で借りる

厚生労働省が管轄している制度で、収入が少ないひとの生活を支援するための貸付制度です。

 

市区町村の社会福祉協議会が窓口となり、お金を借りることができます。

 

 

実際に借りることができるのは下記の3つの世帯です。

・低所得世帯

・障害者世帯

・高齢者世帯

 

 

それぞれの世帯の状況と必要にあわせたお金を借りることができます。

 

国が融資をおこなうので低金利(あるいは無利子)で融資をうけることが可能です。

 

審査には1か月以上かかります。

 

審査の基準は社会福祉協議会によってかなり違うようなので、社会福祉協議会のWEBサイトをチェックしてみて下さい。

 

貸付の審査基準を満たすひとにはオススメです。

教育一般貸付(国の教育ローン)で借りる

日本政策金融公庫が融資してくれる国の教育ローンです。

・最高350万円

・年率1.78%

・申込から融資まで20日程度

・24時間365日ネットから申込可能

 

 

教育ローンなので使途は限定されます。

・子どもの入学・在学資金

・海外留学の資金

・資格取得の資金

 

 

子どもの教育関係の資金が必要なひとはオススメです。

奨学金制度で借りる

奨学金は経済的な理由で大学などの学校に通えない学生のために、無利子もしくは超低利子で学費や生活費を貸し出す制度です。

 

大学生の4割は、日本学生支援機構(JASSO)が運営する国の奨学金をうけています。

 

そのほとんどは返済の必要な貸与型です。

 

契約者は学生本人になるので、学生本人が返済義務を負うことになります。

 

学校を卒業した半年後に返済がはじまり、返済期間は最長20年にもなります。

 

返済が3か月以上滞ってしまうと、債権は債権回収会社に移管されます。

 

 

すると、個人信用情報機関に事故情報として登録されます。

(いわゆるブラックです!)

 

 

進学を後押ししてくれるメリットが非常に大きい奨学金制度ですが、社会に出ると同時に多額の借金を背負うことになります。

 

奨学金破産など、一部では批判的な声もあります。

求職者支援資金融資制度で借りる

仕事を探している失業者を対象に、職業訓練と10万円の職業訓練給付金が受けられる公的制度があります。

 

『求職者支援制度』といい、職業訓練で無料でスキルアップができ、返済義務のない給付金をもらえます。

 

 

【職業訓練をうけながら、毎月10万円ももらえるって・・、マジかよ!!】

 

 

失業者にとって夢のような制度ですが、失業保険をうけとっていないことが必須条件となります。

※ほかにも収入制限や金融資産の制限などもあります。

 

 

実際問題として、家庭があるひとには、毎月10万円だけでは生活がむずかしい場合もあります。

 

毎月10万円だけでは職業訓練を受講中の生活費が不足する場合にお金を借りることができます。

 

これが、『求職者支援資金融資制度』です。

 

・職業訓練受講給付金の支給決定を受ける

・ハローワークで求職者支援資金融資要件確認書の交付を受ける

・ハローワークが指定する金融機関(労働金庫)で貸付の手続きをする

 

 

同居家族がいる場合は、職業訓練の受講予定月数×10万円を年利3.0%で借りることができます。

(単身者の場合は受講予定月数×5万円)

 

 

条件をみたすひとにはかなりオススメです。

母子および父子福祉資金で借りる

ひとり家庭の父母にたいして、児童の就学や子育てに必要な資金を融資する制度です。

 

市区町村が窓口になりお金を借りることができます。

 

金利ゼロ、もしくは超低金利でお金を借りることができるのが最大のメリットです。

 

ただ、役所が窓口となるので、手続はかなり大変で時間もかかります。

 

審査内容も自治体や担当者によってかなり異なるようです。

 

利用される場合は、お住まいの都道府県のホームページを確認してください。

年金担保貸付で借りる

年金をうける権利は、譲り渡したり、担保に提供することは法律で禁止されています。

 

『独立行政法人福祉医療機構』の年金担保融資制度は、年金を担保にしてお金を借りることが法律でゆいいつ認められた制度です。

 

 

金額は200万円まで、年率は2.8%、融資までの期間は1か月ていどです。

※年率は平成30年10月3日現在です。

※年金担保貸付制度は廃止されることが閣議決定されています。

※平成34年3月で申込受付が終了される予定です。

 

 

無職で年金受給中のひとでも公的機関を通じてお金を借りることができます。

 

平成34年3月まで申込が可能ですので、年金を受給中のひとは参考にしてもらえればと思います。

緊急小口資金貸付で借りる

市区町村の社会福祉協議会が窓口となり、一時的に困窮する世帯の自立を支援する貸付制度です。

 

金額は10万円まで、利息は無利子、融資までの期間は1週間ていどです。

 

税金を原資とする公的な貸付制度になるので審査は厳しめです。

 

社会福祉協議会が必要と判断した場合に融資がされますので、社会福祉協議会との間に信頼関係が保てることが条件になります。

親に借りる

お金を借りる目的が明確で、きちんとした目的であれば両親も喜んでお金を貸してくれるでしょう。

 

なんだかんだいっても、子どものことは可愛いと思っているのが親です。

 

そうは言っても、お金が必要な理由を親にはどうしても話せないときもあります。

 

心配をかけたくない場合もあります。

 

色々と根掘り葉掘り聞かれて、文句や小言をいわれてしまう場合もあるかもしれません。

 

親に金銭的な余裕がない場合もあります。

 

そういう場合は、仕方ないので親に借りるのはあきらめましょう。

 

もし、きちんとしたお金を借りる理由があるときは、最初に親に相談をするのはオススメです。

兄弟/姉妹に借りる

心配をかけるので親にはお金の相談はできなくても、兄弟/姉妹なら話ができることもあるかもしれません。

 

ただ、兄弟/姉妹といえどもお金が必要な理由を、しっかり説明できないのであればオススメできません。

 

感情にからんだトラブルに発展する可能性もあります。

 

兄弟姉妹にお金の相談をするときはよく考えてからにしましょう。

友達に借りる

友達からお金を借りるのはあまりオススメできません。

 

あとになって色々と揉める可能性が高いです。

 

お金が原因で人間関係が壊れてしまうのはとてももったいないです。

 

返済が滞ってしまった場合など、共通の友人に話をされてひとりも友達がいなくなってしまうリスクもあります。

 

友達にお金の相談をするときもよく考えてからにしましょう。

彼氏/彼女に借りる

友達と比べると、彼氏/彼女の方がお金は借りやすいかもしれません。

 

金額にもよりますが、気軽にすぐに借りることができます。

 

親しい間柄なので利息などは発生しないで、お金を借りることもできるでしょう。

 

お金を借りているという負い目を感じてしまったり、返済ができずに人間関係がこわれてしまう可能性はあります。

 

お金が原因で彼氏/彼女と別れてしまうことになったらとても悲しいので、彼氏/彼女にお金の相談をするときもよく考えてからにしましょう。

会社から借りる

会社によっては社内貸付金制度、従業員貸付制度でお金を借りることができます。

 

福利厚生の一環で制度を設けている会社が多いです。

 

小さな会社だと制度自体がない場合もあります。

 

会社によって借りられる金額から金利までさまざまです。

 

通常は勤続年数が長いと多くの金額を借りられます。

 

金利もカードローンと比べると大幅に低い金利で利用ができます。

 

本当に会社によってさまざまなので、自分の会社の貸付制度を一度確認してみることをオススメします。

公衆接遇弁償費で借りる

外出先でお金を盗まれたり、紛失したときの交通費を、交番や警察で貸してくれる制度です。

 

 

家までの交通費なので、金額は1000円までです。

※1000円を超える場合は事務担当の承認が必要です。

 

 

ただし、どこの警察でも実施されているわけではありません。

 

もともとは、1968年に警視庁の警ら部長がだした通達がはじまりです。

 

交番勤務のお巡りさんが自費でおこなっていた貸付を見るに見かねてはじまった制度です。

 

法律で決められたものではないのです。

 

東京都内の交番、警察署、運転免許試験場、鉄道警察隊、などで借りることができます。

 

借受願書と呼ばれる用紙に必要事項を記入します。

 

返済方法は原則借りた交番や警察署に返済します。

 

本当に切迫した緊急性がある場合は利用ができますが、今の時代は携帯やスマホも普及しています。

 

キャッシュレス化もすすんでいますので、交番で借りる必要はないかもしれません。

お金を借りる前に何を重要視するかを考えましょう

お金を借りるにあたって、何がいちばん大事なのかをまずは考えましょう。

・いつまでに必要なのか

・いくら必要なのか

・相談できるひとはいるのか

・誰にも知られずに借りたいのか

 

 

目的別に考えることで、いちばんのオススメの方法が導きだされます。

 

もし、金利をいちばんに考えた場合は公的機関からお金を借りるのがオススメです。

 

『金額』『審査スピード』『使い勝手』をトータルで考えた場合、いちばんのオススメは消費者金融会社のカードローンになります。

 

急いでお金が必要な時は、審査スピードが早く、融資まで時間のかからない方法を選んでください。

 

消費者金融会社の【プロミス】は即日融資に強いので、最短1時間で融資も可能です。

 

プロミスの申し込みはこちらから進めます
口座開設はこちら

 

 

 

 

管理人タナカ管理人タナカ

今回は、お金を借りる方法について、具体的な20の事例をもとに解説しました。

最後までお読みいただきありがとうございました。