ヤミ金の見分け方

プロミスやアコムやアイフルなどの大手消費者金融会社は、ヤミ金とは全く違います。

 

今だに大昔のサラ金のイメージのまま、消費者金融会社とヤミ金を混同している人もいるかもしれません。

 

今回はヤミ金の簡単な見分け方と、一部の人が抱いている大手消費者金融会社の誤ったイメージについて解説します。

 

ヤミ金って何!?


ヤミ金

そもそもヤミ金とは何のことでしょうか?

 

貸金業を営む場合は国か都道府県知事への登録が法律で義務付けられています。

 

正規の貸金業者は貸金業者登録番号があります。

 

この登録を行っていない貸金業者の事をヤミ金と呼びます。

 

元々登録自体を行わない、法律自体を守るつもりがないモグリの業者です。

 

貸金業法の上限を超える金利で融資を行い、貸金業法に違反した激しい取立を行っています。

 

ヤミの中で貸金業を営み、暴利を貪っています。

貸金業者登録

貸金業者登録とは貸金業法第3条にて定められています。

 

・複数の都道府県に営業所がある場合は国(実際には本店のある所在地の財務局長)

・一つの都道府県にしか営業所がない場合は都道府県知事

 

貸金業を営む場合上記への登録が必須です。

 

登録後は3年ごとに更新が必要になります。

 

プロミスやアコムなどの大手の消費者金融会社は全国に営業所がありますので、本店のある所在地の財務局長に登録を行っています。

登録番号

貸金業者登録を行うと交付される番号の事です。

 

正規の貸金業者であれば必ず持っています。

 

参考までに大手の消費者金融会社の登録番号を記載します。

 

 

SMBCコンシューマーファイナンス(株)の登録番号(プロミス)

関東財務局長(13)第00615号

 

 

アコム(株)の登録番号

関東財務局長(13)第00022号

 

 

アイフル(株)の登録番号

近畿財務局長(12)第00218号

登録番号の見方

例えば、プロミスとアコムは本社が東京にあり、営業所は日本全国にあります。

 

ですので、関東財務局長に貸金業者の登録を行います。

 

登録番号のあたまは『関東財務局長』となります。

 

アイフルの本社は京都にあり、営業所は全国にあります。

 

ですので、近畿財務局長に貸金業者の登録を行います。

 

登録番号のあたまは『近畿財務局長』になります。

 

もし、東京に本社があり、東京にしか営業店がない小さな貸金業の場合は都知事に貸金業者の登録を行います。

 

その場合の登録番号のあたまは『東京都知事』になります。

 

次に()の中の数字です。

 

これは貸金業登録の回数を表しています。

 

貸金業登録は3年ごとの更新が必要になりますので、()の中の数字が大きいほど更新の回数が多い歴史の古い貸金業者と言えます。

 

数字が小さいと登録したばかり、貸金業を始めたばかりの会社と言えます。

 

最後の第00615号といった5桁の数字ですが、これは各貸金業者に割り当てられた番号です。

トイチ業者!?

東京都で貸金業を営むために、登録を初めて行った場合、

『東京都知事(1)第123456号』

となります。

 

この場合は東京都で(1)の登録番号という事で、10日で1割の違法金利とかけて『トイチ業者』なんて揶揄されたりしていた時期もありました。

大手の消費者金融会社が揃っている理由

【アコム】【プロミス】【アイフル】の()の中の数字が全部同じなのは理由があります。

 

これは、昭和58年に貸金業の規制等に関する法律が成立し、その時に貸金業者として届け出を行っているためです。

 

つまり()の中の数字は、3年ごとに更新され数字は1つずつ増えていきます。初めは【1】からスタートで3年以上営業すると【2】となるわけです。

貸金業者登録番号の確認方法

登録番号は『金融庁』のHP、『登録貸金業者情報検索サービス』で確認出来ます。

 

金融庁貸金業情報検索サービス

ここの登録番号の所に、【プロミス】を運営している【SMBCコンシューマーファイナンス(株)】の登録番号『00615』を入力します。

 

プロミス登録番号

 

さらに一番右側の、広告用電話番号をクリックすると、

 

プロミス広告用電話番号

 

【プロミス】が広告用に使用している電話番号の一覧が表示されます。

 

ここに表示されていない電話番号は広告宣伝に使用してはいけない事になっています。

 

 

例えば、【プロミス】からDMが送られてきた時に、本当に【プロミス】から送られてきたDMなのかどうかを確認が出来ます。

 

 

ハガキに記載する電話番号は事前に届出した番号になりますので、上記の金融庁のHPに載っていない番号が記載してあった場合はニセのDMとなります。

 

 

DMに記載の電話番号に連絡する前に確認をするなど、十分に注意するようにして下さい。

法律をしっかり守っている貸金業者を選びましょう

このように、法律をしっかり守っている貸金業者かどうかは、貸金業者登録をしている会社かどうかで簡単に見分ける事が出来ます。

 

 

貸金業者登録をしていない会社というのは法律を元々無視していますので、トイチ(10日で1割)などの違法な金利を使い営業しています。

 

 

返済が出来なくなると、暴力的な取立を受けますので、貸金業者登録をしていない業者からはお金を借りてはいけません。

 

 

絶対に手を出さないようにして下さい。

大手の消費者金融会社は怖くありません

大手の消費者金融会社は全て貸金業者登録がなされています。

 

国からのお墨付きがありますので、必要以上に怖がる必要は全くありません。

 

さらに、アコムとアイフルは東証一部に株式を上場しています。

 

・2018年12月のアコムの時価総額は6000億円弱、日本国内の時価総額ランキングで200位前後

・2018年12月のアイフルの時価総額は1300億円弱、日本国内の時価総額ランキングで630位前後

 

時価総額というのは会社を売りに出した時の値段です。

 

日本全国に何百万社と会社は存在しています。

 

 

その中で、株式を上場している会社は3659社です。

※2018年12月25日現在

 

 

これだけの会社があるなかでアコムは約200番目に、アイフルは約630番目に値段の高い会社となり、投資家から支持をうけている事になります。

 

プロミスも以前は上場企業でしたが、2012年にSMBCグループの傘下に入り上場廃止になった経緯があります。

 

アコムは2008年に日本最大の金融グループであるMUFG(三菱UFJフィナンシャルグループ)の連結子会社なっています。

 

レイクALSAを運営している新生フィナンシャル(株)は新生銀行の子会社です。

 

 

このように、大手消費者金融会社は株式を上場しているか、銀行の傘下に入っています。

※アコムは株式の上場を維持したままMUFG(三菱UFJフィナンシャルグループ)の傘下に入っています。

 

 

もし、違法な取り立てなどを行ってしまった場合、金融庁から業務停止命令を受けてしまいます。

 

業務停止命令を受けてしまうと、営業が一切出来なり、会社が潰れてしまう可能性があります。

 

そんな事をしなくても、大手の消費者金融会社は十分に利益をあげられています。

驚くほど丁寧な電話対応

試しに、大手の消費者金融会社のコールセンターに電話をしてみると、丁寧でしっかりとした対応に驚かされると思います。

 

過去の失敗からの反省もあり、今は一人一人の顧客にしっかりと寄り添い、いかに満足してもらえるかを常に考えている状態です。

 

急にお金が必要になった時などは、本当に親身になって対応してくれますので安心して下さい。

 

 

【即日融資】について興味のある方はこちらの記事をご覧ください。

即日融資可能なカードローン!!

みんなのキャッシング
みんなのキャッシング
https://minnanocashing.com/kyoukaritaisokuzituyuusi/
即日融資!誰にもばれないリアルなキャッシング!

 

 

 

管理人タナカ管理人タナカ

今回は、ヤミ金の簡単な見分け方と、大手の消費者金融会社の誤ったイメージについて解説しました。

最後までお読み頂きありがとうございました。