延滞した

『カード会社への支払いが遅れてしまった!?』

『延滞は何日までなら平気なのか知りたい!!』

この記事はそんな方に向けて書いています。

 

 

カード会社への支払が遅れてしまったら心配になりますよね。

 

 

結論から申し上げますと、クレジットカードなら2ヵ月、キャッシングなら3ヵ月までの延滞は大丈夫です。

 

 

 

支払いが遅れてしまったら・・・

チェッククレジットカード:2か月まで

チェックキャッシング:3ヵ月まで

 

 

 

延滞しない方がいいのは間違いありません。

 

ただ、どうしても期日までに入金が難しい時は誰にでもあります。

 

最初から支払を遅れようと思って遅れる人なんていません。

 

支払が遅れてしまった場合は何日まで大丈夫なのか!?、対処方法とあわせて解説します。

 

それではまいります。

支払いが遅れても平気な日数

支払が遅れても平気な日数

数日間の支払の遅れであればとくに問題はありませんが、長期間の延滞の場合は大きな問題があります。

 

クレジットカードの延滞は61日以上、キャッシングの延滞は91日以上で、信用情報センターに異動情報が登録されてしまいます。

 

いわゆる、ブラックと言われる状態になってしまうのです。

 

極端な話、キャッシングでは3ヵ月以内の支払いの遅れであれば、信用情報センターに異動情報が登録されることはありません。

 

 

心配しないでも大丈夫なケース

チェッククレジットカードの代金引落日に、銀行口座の残高不足で支払遅延になってしまった

チェックキャッシングの支払日を失念して、入金が1日遅れてしまった

 

 

 

上記のようなケースでいきなりカードの利用が停止になることはまずありません。

 

ましてや、ブラックリストに登録されるなんて事は絶対にありませんので安心して下さい。

 

過剰に心配しないでも大丈夫です。

 

※『ブラックでも借りれる、最新のカードローン事情』については下記記事をご参照ください。

【ブラックでも借りれる!!】2019年最新のカードローン事情を解説します!!

 

入金が遅れた時の対処方法

カード会社に連絡

もし、入金が遅れていることに自分で気付くことが出来た時は、すぐにカード会社に連絡をしましょう。

 

クレジットカードの利用もキャッシングの利用も、あなたの信用を担保にしています。

 

カード会社からの信用を失わないためには、1秒でも早くカード会社に連絡をする事が大切です。

 

カード会社から督促の連絡がくる前に自分から連絡した方が良いです。

 

『お金を借りている』ことを忘れずに、人として最低限の礼儀をわきまえて、誠実な対応をとりましょう。

 

 

※支払いが遅れてしまった場合は下記記事もご参照ください。

支払が遅れてしまったら!?

延滞しない方が良い理由

延滞しない方が良い理由

クレジットカードなら2か月以内、キャッシングなら3ヵ月以内、の支払の遅れであれば信用情報センターに異動情報が登録されることはありません。

 

ただし、だからと言って支払いが遅れて良いわけではありません。

 

延滞によるデメリットは決して小さくありません。

 

 

延滞によるデメリット

チェック延滞すると遅延損害金が発生する

チェック延滞している間はキャッシングが出来ない

チェック信用がなくなってしまう

 

 

順に解説していきます。

デメリットその1:遅延損害金が発生する

遅延損害金

支払いの期日が遅れてしまった場合、通常の利息よりも高い『遅延損害金』が発生します。

 

遅延損害金とは?

支払の期日が遅れた時に、債務者が貸金業者から、損害を被ったとして請求されるお金の事です。

通常の利息よりも高い金利で設定されていることが多いです。

合法的に認められている制度です。

 

 

大手の消費者金融会社では遅延利率は20%で設定されています。

 

返済期日が遅れてしまった分だけ、遅延損害金が発生します。

 

 

 

・利用元金が10万円、通常利率が18%、遅延利率が20%だった場合で計算してみます。

 

10万円を30日間利用して、期日が遅れて7日後に支払いをした場合の負担する利息はいくらでしょうか?

 

(10万円×18%÷365日×30日)(10万円×20%÷365日×7日)=1862円

 

上記計算式の左側、紫色の計算が通常利息で右側の赤色の計算が遅延損害金です。

 

通常利息が1479円、遅延損害金が383円です。

 

 

 

 

通常利率18%で10万円を借り入れた場合の1日あたりの利息は49円です。

(小数点以下は切捨です)

 

遅延利率20%で10万円を借り入れた場合の1日あたりの利息は54円です。

(小数点以下は切捨です)

 

 

遅延損害金の方が10万円あたり1日約5円高い利息を支払わないといけない計算になります。

デメリットその2:延滞している間は追加でキャッシングする事が出来ない

キャッシング出来ない

消費者金融会社でカードローンを契約している場合、利用可能額の範囲内であれば繰り返し利用すること可能です。

 

ただし、延滞中は追加の利用が出来なくなってしまいます。

 

利用可能額が50万円で現在の利用金額が45万円なら、あと5万円は追加で利用が可能です。

 

支払期日が過ぎてしまっている場合は、先に入金をしないと追加での利用は出来ません。

 

長期間の延滞となってしまうと、入金したあとでも追加の利用が出来なくなってしまう場合もあります。

デメリットその3:信用がなくなってしまう

信用が大事

繰り返しになりますが、クレジットカードなら2か月以内、キャッシングなら3ヵ月以内、であれば信用情報センターに異動情報が登録されることはありません。

 

異動情報は登録されませんが、支払いが遅れたという記録は残ります。

 

毎月、毎月、延滞を繰り返していると、支払いにルーズな人だと思われてしまいます。

 

追加借入や利率引下の審査に影響がでる事もあります。

 

延滞によるリスクは高い

支払期日の遅れを過剰に心配する必要はありません。

 

支払いを遅れたくて遅れる人なんていません。

 

やむを得ない事情があり、遅れてしまう場合がほとんどです。

 

ただし、延滞することによって生じるリスクは低くはありません。

 

支払が遅れてしまいそうな時や、遅れてしまった時はすぐにカード会社に連絡をしましょう。

 

 

 

管理人タナカ管理人タナカ

今回は【支払いが遅れた!!】延滞は何日までなら大丈夫!?について解説しました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

※即日融資可能なカードローンについては下記記事をご参照ください。

【今日借りたい!!】即日融資可能なおすすめカードローン!