融資保証金詐欺

キャッシングをしようとしたのに、気付いたらお金を騙し取られていた!?

 

『金融詐欺』の手口は巧妙化しています。

年齢、性別、職業を問わず誰でも被害にあってしまう可能性があります。

 

今回は『融資保証金詐欺』について解説したいと思います。



 

【融資保証金詐欺】って何!?

申込をしてきた客に対して、実際には融資をしないにも関わらず、

保証金などの名目でお金を先に振り込ませて騙し取る詐欺の事です。

 

融資を実行するときに保証金は返却するなどと、言葉巧みに説明してきますが、

現金を騙し取られた上に融資も受けられません。

 

融資実行前に金銭の振込を要求してくることは、正規のキャッシング会社なら絶対にありえません。

 

【融資保証金詐欺】の具体的な手口はどうなの!?

横浜市在住の金欠無塩(きんけつ・なしお、53歳)氏がいました。

金欠氏は自動車用の金型を製作している零細企業の社長です。

地元の信用金庫から事業資金の借入はしていますが、カード会社の利用は今までしたことはありませんでした。

 

ある日、自宅に貸金業者からのDMが届きました。

金利1.8%で最大1000万円まで融資と記載してあります。

今までカード会社の金利は高いというイメージしか持っていなかった金欠氏でしたが、

1.8%の金利なら信用金庫とあまり変わらずにずいぶんと安いなと思います。

 

ちょうど、取引先への支払もあったので申込をしてみようと思い、

DMに記載されているフリーダイヤルに電話をかけてみました。

 

電話口では落ち着いた声の女性が、丁寧な応対で申込の受付をしてくれました。

氏名、生年月日、性別、自宅住所、電話番号、勤務先住所、電話番号、携帯番号、家族構成、カード会社の借入件数、金額、等々。

 

申込にあたり色々と聞かれた後、審査をするので一度電話を切ってしばらく待つように言われます。

 

10分ほどで金欠氏の携帯の電話がなりました。

先ほど申込をした貸金業者の審査担当の男性で、保証必須男(ほしょう・ひっすお、45歳)氏からの電話です。

 

審査の結果は・・・、保証金が必要!?

金欠氏は保証氏から精一杯の審査をした結果、金利1.8%で1000万円の融資が可能ですと告げられました。

ただし、初めての契約となるので信用実績を作るために融資額の5%の保証金が必要になると言われます。

 

・保証会社を通すと保証金が高くなってしまうので今回は特別に直接振込することで安く出来る

・今回は特別の金利で契約できる最後のチャンス

・すぐに契約しないと別の人が特別金利で契約してしまう

・大手のカード会社と提携しているので、保証金用のカードを別途作成出来る

・保証金は返済完了後に返却されるので安心

 

等々、言葉巧みに言われた金欠氏は保証氏の言う通り、保証金50万円を振込してしまいました。

 

金欠氏は50万円の支払で1000万円の融資が受けられるなら、いいのかなと思ってしまったんです。

 

ところが、50万円の振込をした後に保証氏から再度連絡がきました。

手違いで契約と融資が出来なくなってしまった、と言うではありませんか!?

 

1000万円の融資が受けられるものと思い込んでいた金欠氏はビックリしてしまいます。

今さら、融資が無理と言われても困る!何とかして下さい!

と保証氏に食い下がります。

 

さらに供託金が必要!?

すると保証氏は別途、供託金を30万円用意してもらえれば何とかすると言い出しました。

話が違うと金欠氏は保証氏を問い詰めますが、

供託金だから30万円用意してもらえれば融資時に返却出来るから大丈夫と言われ信用してしまいます。

 

手元にお金がなかったので、保証氏の指示に従い、提携していると言う大手のカード会社へ申込に行きました。

保証氏の言う通り特に問題なく、1時間ほどで30万円を当日融資してもらえました。

金欠氏はその30万円を業者に再度振込し、保証氏に連絡を取ります。

 

保証氏から、これで大丈夫、3日後に振込されるので問題ありません、と言われ安心してしまいます。

 

騙されたことに気付く!!

しかし、3日たっても振込がなく、再度保証氏に連絡をすると、何と電話が通じません!!

 

同じ電話番号にかけているのに、

『おかけになった電話番号は現在使われておりません、番号をお確かめになり・・・』

というアナウンスが流れてきます。

 

DMに記載のあった番号に連絡しても、同じように電話は使用不可でした。

 

この時に、初めて金欠氏は騙されたことに気付きます。

しかし、もうあとの祭りで、お金は返ってきません・・・。

 

融資の前に金銭の要求をしてくる業者は詐欺

正規のキャッシング会社なら融資の前に金銭等の要求をしてくることは絶対にありません。

2度、3度と金銭を要求されて振込んでしまったら最後、お金はもう2度と戻ってきません・・・。

 

保証必須男のような人間は、最初から現金を騙し取ることを目的としていますので、

現金を振込したあとは一切連絡がつかなくなります。

 

今まで全く付き合いのない会社から、『特別な低金利で融資!!』なんてハガキやDMが届いたら、怪しいと思って下さい。

 

金欠氏は架空の人物ですが、皆さんは金欠氏のように騙される事のないように気を付けて下さいね。

こんな手口にも要注意!!

その他、金融詐欺の様々な手口です。

あわせてお読みください。

【アルバイト詐欺】編:【金融詐欺】に要注意!!その1

【投資詐欺】編:【金融詐欺】に要注意!!その3

【ネットカジノ詐欺】編:【金融詐欺】に要注意!!その4